Homeメンテナンス > 定期点検のお勧め

定期点検のお勧め

クルマは多くの部品から構成されており、使用されている間に各部が磨耗したり、劣化することが避けられません。そのまま使い続けると性能が低下した り、故障の原因となりますので、クルマを安全・快適にご使用いただくためにも定期点検をお勧めします。

点検・整備のチェックポイント


スーパープラグ
(白金・イリジウム)


タイミングベルト

ラジエターキャップ

エンジンマウントラバー&ブラケット

ドライブシャフト
のジョイント部


ブレーキのゴム部分(インナーキット)

サスペンション

インジケータランプ

各種ペダルパッド

エンジンオイル

タイヤ

冷却水

バッテリー

ブレーキパッド

スパープラグ(白金・イリジウム)
  

そのまま使い続けると...
 
電極の消耗により点火ミスが発生し、燃焼不良状態になり、エンジンの不調や燃費の悪化を招きます。

タイミングベルト
  

そのまま使い続けると...
 
交換時期を越えて使用を続けるとベルトが切れてエンジンが止まってしまう可能性があり、最悪の場合エンジン内部に重度の損傷を引き起こします。

ラジエターーキャップ
  

そのまま使い続けると...
 
ラジエターキャップが損傷すると、通常100℃超に保たれているエンジン冷却水の沸点が下がり沸騰して漏れ出すことでオーバーヒートする可能性が あります。

エンジンマウントラバー&ブラケット
  

そのまま使い続けると...
 
ゴム部品等の劣化により亀裂や損傷が発生し、ショックを吸収できず、エンジンルームよりガタガタ音(異音)や振動が発生します。

ドライブシャフトのジョイント部&ベアリング
  

そのまま使い続けると...
 
ドライブシャフトのベアリングやジョイント部分が磨耗することにより、走行時にガタガタ音(異音)や振動を発する恐れがあります。

ブレーキのゴム部分(インナーキット)
  

そのまま使い続けると...
 
各種ゴム部品が劣化すると、ブレーキオイル漏れが発生し、制動力(停車させる力)が低下する恐れがあります。(ブレーキの効きが悪くなります。)

サスペンション
  

そのまま使い続けると...
 
ショックアブソーバー及びスプリングがへたると、段差で車が跳ねやすい、揺れが収まりにくくなり乗り心地に影響を及ぼします。(乗り心地が悪くなりま す。)

インジケータランプ
  

そのまま使い続けると...
 
警告灯のランプが切れていると、車の不調やトラブルの情報を得ることができず、重度の故障につながる恐れがあります。

各種ペダルパッド
  

そのまま使い続けると...
 
ブレーキ、アクセル、クラッチ等のペダルパットが磨耗すると、ペダルを踏む際、滑りやすくなり、事故につながる恐れがあります。

エンジンオイル
  

そのまま使い続けると...
 
長期間エンジンオイルを交換せず、車を使用するとエンジンオイルが劣化し、エンジンの調子が悪くなったり、内部の損傷につながる恐れがあります。

タイヤ
  

そのまま使い続けると...
 
磨耗したタイヤで走行すると、ブレーキの効きが悪くなったり、雨天走行時に滑りやすくなり、非常に危険です。

冷却水
  

そのまま使い続けると...
 
長期間l交換しないで使用すると、冷却水が劣化しラジエターの腐食やオーバーヒートの原因になります。

バッテリー
  

そのまま使い続けると...
 
液量が少ない状態で使用すると、バッテリーが上がったり、破裂する恐れがあります。

ブレーキパッド
  

そのまま使い続けると...
 
ブレーキパッドはブレーキをかけるたびに磨耗します。磨耗の限度を超えた状態で走行するとブレーキの効きが悪くなり、事故につながる恐れがあります。

Copyright (C) Akita-Mitsubishi Motor Corporation All Rights Reserved.